セキュリティー

大切なデーターを物理的な侵入から守る。激安サーバー 監視カメラ

個人、中小企業がどれだけのセキュリティーを確保できるのでしょう?何らかの事故も考えられます。誰が自社のサーバールームに入室したのかを監視するのは大変なコストがかかります。自宅サーバーでも完璧なセキュリティーを施すのは大変です。

激安専用サーバーはすべて安全なデーターセンターに設置されます。データーセンターに入るには事前に電話で予約しなければなりません。建物に入るのもインターホンで社名を確認の上でカギを開けてもらいます。身分証を確認後に指紋承認装置で確認してカギが開かれてサーバールームに入室できます。そしてラックにもカギがかかっており簡単に開きません。一般の方がサーバールームに入ることは不可能です。果たしてこれだけのセキュリティーを一般企業、個人で導入可能でしょうか?

ハッキングの危険から守る

ハッキングの危険は専用サーバーでセキュリティーを強化すればかなり逃れることができます。例えばFTPをSFTPにするなど共有サーバーではできない事が可能です。SSHの接続はクライアントのプロバイダー環境だけログインできるようにすれば、かなりの確率で安全です。つまり運営者の設定次第でセキュリティーを強固にできるのです。

ハイクオリティー

サーバーマシンの早さだけでホームページ表示の早さは高品質な回線、接続機器など周辺の機器や環境がすべて揃って初めて最高のクオリティーを発揮できます。

激安サーバー ハブ業務用100M共有回線を使用し、細かなパケットも最高の早さですべて流します。回線は全て東京APに直結し、NTTやKDDIのコアへ考えられうる最短中継しています。きっと他のデーターセンターよりも条件は良いはずです。バックボーンが大きいなどより品質が重要です。それはPentium4よりCore2Duoの方が早いのとよく似ています。単なる目立つスペック表示でお客様を混乱させるようなことはしません。激安サーバー ラック

ルーターやハブは重要です。いくらマシンが早くても、いくら回線が良かったとしても接続機器が良くなければ意味がありません。家庭用ルーターは理論値までのスピードは出せないどころか、細かなパケットに対応できません。セッション切れや故障の確率も高いでしょう。業務用ルーターの設定はすべてコマンドにより設定します。メーカーにより設定方法はバラバラ。1つの設定でも大変です。もし確認がしたいならネットワークエンジニアの派遣がいくらなのかGoogleで検索してください。ルーター、ハブは共有となっており、個人では簡単に扱えないような設定もすべて当社が設定しております。

リスクヘッジ

停電のリスク激安サーバー UPS
UPS(無停電装置)、自家発電装置を設置してます。たった数分の停電なら一般的に売られているUPSでも電力供給は可能です。24時間の停電に耐えられるでしょうか?長時間の停電でもサーバーを止めないために自家発電装置も用意しています。
停電のリスクは停電が回復しても家庭用エアコンでは自動的に再稼働はしません。サーバーもちょっとした設定ミスで再起動してもデーモンが自動的に起動しないことがあります。何よりも停電が起こらない環境が最高です。

地震のリスク
地震も脅威です。データーセンターは事前に固い地盤の上に建てられ、床には免震装置を取り付けられており地震に対して強固な守りを実現しています。また、建物全体が避雷針激安サーバー 窒素ガスタンクになるように設計されており雷による機器の破損もありません。

火事のリスク
窒素消火装置を備えています。もし火事を関知すればサーバーマシンを壊さずに消火することができます。気密性が高いデーターセンターだから可能な方法です。


激安専用サーバーは安いだけでなく、サーバーをより安全に、より最高の状態で提供します。

激安専用サーバーのお申し込み »